まだマッサージしてるの?気になるエラはボトックスで解消!

サイトメニュー

どこに注射するの?

女性たち

ボトックスはどこに注射する?

エラ張りが気になる人は、骨を削る前にボトックスを試してみてはいかがでしょうか。「ボトックスってどこに注射するの?」「注射の後は残らない?」と不安に思う方のために、ボトックスのことについて解説していきたいと思います。ボトックスは、エラ張りの部分に直接注射します。ボトックスは筋肉を緩めてくれる働きがあるので、真皮よりも奥の筋肉に直接注射を行うことで効果を発揮します。美容外科クリニックで受けられ、10分程度の短時間で済みますが、神経などの組織を傷つけないように施術を行うので安心して受けることができます。「筋肉に直接注射って痛くない?」という方でも大丈夫です。痛みが苦手でも受けやすいように、ボトックス注入のための極細の針もありますし、麻酔を行っているクリニックもあります。また、注射の跡もわかりませんしすぐにメイクを行うことができるので、気になっても隠すことができます。

効果が感じられるまでどのくらい?

ボトックスは即効性のある施術ではありません。注射してから目に見えての小顔効果を感じられるまで、個人差はあるものの大体3週間ほどの時間を要します。初めて施術を行う方は効果を実感しやすい傾向にあるようですが、2回目、3回目と行っていくと劇的な効果を感じにくいようです。ですが初回に比べて持続期間も徐々に長くなっていくので、少しずつ小顔に近づいているためハッキリとした変化が分かりづらいのかもしれませんね。中には「1週間ほどで変わってる感覚があった」という方もいますので、まずはあなたも体感することから始めましょう。

ダウンタイムの腫れはどのくらい腫れる?

ボトックス注射を行って1週間ほどは腫れる方もいますが、腫れが引いてからは徐々に実感する方も多いかと思います。ボトックス注射による腫れはほとんど感じない方もいるようで、もし腫れた場合でも患部を冷やすことで収まりますから、心配する必要はありません。ボトックスは副作用のすくない施術ではあありますが、効果を高めるためにも施術後の過ごし方が大切です。施術後、1週間ほどの患部のマッサージは避けるようにしましょう。また、施術を行った日は、激しいスポーツや入浴もシャワーで済ますなどするといいですよ。